プロットだけでなく人物描写と文章力が優れたミステリのお手本—Judas Child

Carol O’Connell
432ページ(ペーパーバック)
Jove
1999/8/1
ミステリ/心理スリラー

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0515125490
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0515125490

舞台は米国ニューヨーク州の北部にある寂れた村。そこには金持ちの子弟と並外れた知能の子供を集めた私立学校St. Ursula’s Academyがある。クリスマスを目前にしてSt. Urshula’sに通う10歳の少女Sadie Greenとその親友のGwen Hubbleが誘拐される。
Gwenの母が副知事であるために、捜査にはBCI (Bureau of Criminal Investigation)やFBIが関わり、マスコミも押し寄せる。捜査にボランティアとして加わったのはこの村の精神科医Mortimer Crayの姪である心理学者の Ali Crayだ。過去の類似の犯罪から、Aliは犯人が小児性愛の連続殺人者だとみている。彼女は、犯人が少女たちを必ずペアで狙い、そのうち一人は真のターゲットをおびき寄せるための二次的目標、つまりJudas Childに過ぎないという仮説を立てる。Judas Childは真のターゲットをおびきよせる目的を達成したら殺され、真のターゲットはクリスマスの朝に殺されるというのだ。

村の若い警官 Rouge Kendallの双子の妹Susanが誘拐されたのもSt. Urshulaに通っていた10歳のときだった。Susanもクリスマスの朝に殺されたが、それは単独殺人であり、当時Susanが慕ってた村の若い神父 Paul Marieがすでに犯人として服役していた。
しかし、AliにはPaul Marieの無罪を信じる理由があるようだ。頬に引き攣れた傷を持つAliは謎めいた過去を引きずっているようだが、誰にもそれを打ち明けない。Aliと恋人関係にあったFBIのやり手捜査官Arnie Pyleにも、誘拐捜査以外に別の動機があるようだ。この事件は、RougeとAliにとっては、自分たちの人生を変えた過去との対決でもあった。

捜査官たちの捜査がもたつく間、Gwenは知恵を働かせてサバイバルの孤独な戦いを続けていた。

●ここが魅力!

Judas Childは、ブログ読者で「大宮盆栽村クロニクル」というノンフィクションをお書きになった宮田一さんからご推薦いただいたミステリです。宮田さんと私には「The Forgotten Garden」という共通の好みがあります。「The Forgotten Gardenを好きな方が勧めるミステリならまず間違いないだろう」という期待をまったく裏切らない優れた作品でした。


まず登場人物ひとりひとりが、丁寧に作り上げられています。
双子の妹を失って以来凡庸な人生を歩んでいるRouge の複雑な人間性、Ali Crayの傷が作り上げた彼女の性格と人間関係、Aliと彼女の頬の傷の謎に執着しつづけるArnieの隠れた優しさ、人を驚かせる才能にあふれたいたずらっ子のSadie、彼女に憧れている病的に無口な少年David、「患者の秘密を厳守する」という医師の倫理を優先して犯人をかばいつづけるMortimer Cray、そしてFBIやBCIの捜査官たちも、すべて存在感があります。
また、じめじめした土や落ち葉の匂いがページから漂ってきそうな文章力も素晴らしく、わざとスピードを落として読んだミステリでした。

日米ともにエンディングが納得できない読者がいるようですが、私はこのエンディングで十分納得しています。というより、このエンディングは私がなんとなく予期していたものでしたから、驚きも感じませんでした。
読後も余韻が長引くミステリです。

●読みやすさ ★★★☆☆

米国でもゆっくりしたペースに苛立つ読者がいるようですが、スピーディな展開を求める類いのミステリではありません。じっくり状況や人物の描写を楽しむべき本です。それを心得ていたら、さほど読みにくく感じないでしょう。
状況がよくわからなければ、焦らずにもう一度読み直してみることです。

●アダルト度 ★★☆☆☆

小児性愛の殺人者をテーマにしていますが、そういう場面の描写はありません。
ただし、子供が誘拐殺人されるというミステリですから子供向けではありません。

●次に買ってみようと考えているO’ConnellのKathy Malloryシリーズ

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0515116475
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0515116475

2009年洋書ファンクラブ「これを読まずして年は越せないで」賞..なんてのやってみたいのですが

2008年のクリスマスイブにJane Eyreのご紹介で始めた「洋書ファンクラブ」が、おかげさまで1周年を迎えようとしています。そのときには、こんなに多くの方から応援していただけるブログになるとは想像もしていませんでした。

せっかくクリスマスの季節だし(クリスチャンじゃない方はお正月前だし)、お礼の気持ちを伝えるために何かしたいと思ってきました。でも、単純にプレゼントというのもつまらない..。

そこで思いついたのが、読者参加型のsun洋書ファンクラブ大賞sun(大げさか)です。

このブログをやって良かったと思うのは、情報を発信するだけではなく、読者の方から「おすすめ本」を教えていただけることです。読書好きの悪い(良い)癖は、自分のおすすめ本を「これを読め!」とみんなに押し付けたくなることです。分ちたいのですよね、その感動を。

ということで、この「これを読まずして年は越せないで」賞は、読者の皆さんが2009年に読んだ感動を分ちたくなる本をあつめ、読者の皆さんの投票で決定する、というものです。ノミネート作品数が多い場合には、私がノミネート作品を絞らせていただきます。またジャンル別にする可能性もあります。

大賞に輝いた本最終候補を選んだ方には、私からプレゼントpresentをお送りしたいと思います(プレゼントの内容はまだ決めてませんがcoldsweats01)。最初の試みでコケるのは悲しいので、どんどん応募してくださいね!

応募のルール:

1.2009年に読んだ洋書でもっとも気に入った作品(ジャンルは問いません。ロマンス本も歓迎!)をこの記事のコメント欄にノミネート(とってもシャイな方は私へのメールでもけっこうです)。3作までOK

2.発売日は2009年には限らないが、ペーパーバックの発売から3年以内を目処とする。(訂正:「3年は厳しい」というご意見がありましたし、今年が最初の試みですから思い切って発売の制限なし!といたします)

3.「洋書ファンクラブ」と「洋書ニュース」でご紹介した作品も歓迎です(私のエゴも満足できますし)

4.第一回の締め切りは後ほどお知らせしますが、だいたい2週間ぐらいを考えています。でも、はやめにしてくださると嬉しいです。突然締め切り予告するかもしれませんから

それでは、みなさまなにとぞこの企画がコケないよう、ご協力お願いしま〜す!!!

追記(11月8日):候補作が出そろってきたようですので、12日をもって締め切りとさせていただきます。また、候補作への「応援演説(推薦文)」もお願いいたします。一行でもじっくり長いのでもけっこうです。読んでない方が投票したくなるような一文をお願いいたします。推薦文の締め切りは13日です。よろしくお願いいたします。

.gr_grid_container { /* customize grid container div here. eg: width: 500px; */ } .gr_grid_book_container { /* customize book cover container div here */ float: left; width: 39px; height: 60px; padding: 0px 0px; overflow: hidden; }

    

 

      

The Year of the Flood

      

The Handmaid's Tale

      

The Maze Runner

      

An Echo in the Bone

      

Angel Time

      

Last Night in Twisted River

      

Special Topics in Calamity Physics

      

Oryx and Crake

      

The Little Stranger

      

Asylum: Inside the Closed World of State Mental Hospitals

      

Girls Fight Back!: The College Girl's Guide to Protecting Herself

      

The Lost Symbol

      

Saving Sammy: Curing the Boy Who Caught Ocd

      

A Certain Slant of Light

      

Shiver

      

Box 21: A Novel

      

Midnight Sun

      

Cockroach: A Novel

      

Nick & Norah's Infinite Playlist

      

The Truth About Forever

      

The Angel Experiment

      

The Sweet Far Thing

      

Howl's Moving Castle

      

Black Beauty

      

Matilda

      

A Little Princess

      

The Perks of Being a Wallflower

      

The Lightning Thief

      

Tuck Everlasting

      

Ella Enchanted

      

Holes

      

The Bad Beginning

      

Uglies

      

Coraline

      

The Da Vinci Code

      

Forrest Gump

      

The Pilot's Wife

      

The Lovely Bones

      

The New Rules of Marketing and PR: How to Use Social Media, Blogs, News Releases, Online Video, and Viral Marketing to Reach Buyers Directly

      

Cashing In With Content: How Innovative Marketers Use Digital Information to Turn Browsers into Buyers

      

The New Rules of Marketing and PR: How to Use News Releases, Blogs, Podcasting, Viral Marketing and Online Media to Reach Buyers Directly

      

The New Rules of Marketing and PR: How to Use News Releases, Blogs, Podcasting, Viral Marketing and Online Media to Reach Buyers Directly

      

World Wide Rave: Creating Triggers that Get Millions of People to Spread Your Ideas and Share Your Stories

      

The Castaways

      

The Judas Strain

      

The Year of Pleasures: A Novel

      

Neverwhere: A Novel

      

The Guinea Pig Diaries: My Life as an Experiment

      

Going Bovine

      

The Graveyard Book

      

Remedies

      

Pink brain, blue brain : how small differences grow into troublesome gaps--and what we can do about it

      

Gourmet Rhapsody

      

Paranoia

      

Une gourmandise

      

Tears of Pearl: A Novel of Suspense

      

The Accidental Billionaires: The Founding of Facebook: A Tale of Sex, Money, Genius and Betrayal

      

The Girl Who Played with Fire

      

How It Ended

      

Ransom

      

Brightness Falls

      

Bright Lights, Big City

      

Story of My Life

      

Alice in Wonderland

      

The Wind-Up Bird Chronicle

      

Bel Canto

      

The Amateur Marriage: A Novel

      

The Accidental Tourist

      

The Blind Assassin

      

Anne of Green Gables

      

A Breath of Snow and Ashes

      

The Fiery Cross

      

Drums of Autumn

      

Alias Grace

      

Here be Dragons

      

Snow Falling on Cedars

      

Voyager

      

Dragonfly in Amber

      

The Name of the Rose: Including Postscript

      

Outlander

      

Love Is a Four-Letter Word: True Stories of Breakups, Bad Relationships, and Broken Hearts

      

The Counterfeit Guest: A Novel

      

The Awakening

      

Life in Rewind: The Story of an OCD Prisoner and the Harvard Doctor Who Broke All the Rules to Set Him Free

      

Running with Scissors: A Memoir

      

Marked

      

The Bell Jar

      

Speak

      

The Ultimate Hitchhiker's Guide to the Galaxy

      

A Great and Terrible Beauty

      

The Princess Bride

      

A Wrinkle in Time

      

The Joy Luck Club

      

The Story of Edgar Sawtelle

      

Catching Fire

      

The Pillars of the Earth

      

Memoirs of a Geisha

      

Pride and Prejudice and Zombies

      

Fire

      

The Hunger Games

      

Graceling

      

The Sweetness at the Bottom of the Pie

      

Life Without Summer: A Novel

      

Lowboy

      

The Fall of the House of Usher and Other Tales

      

Aesop's Fables

      

Journey to the Centre of the Earth

      

Madame Bovary

      

The Jungle Books

      

The Call of the Wild, White Fang and Other Stories

      

The Lord of the Rings

      

Watership Down

      

Twenty Thousand Leagues Under The Sea

      

The Metamorphosis, In The Penal Colony, and Other Stories

      

War and Peace

      

George Eliot: Middlemarch - Silas Marner - Amos Barton

      

Mansfield Park

      

Treasure Island

      

The Grapes of Wrath

      

The Secret Garden

      

A Christmas Carol

      

Dracula

      

Wuthering Heights, Agnès Grey & Villette

      

Sense and Sensibility

      

Great Expectations

      

Frankenstein

      

Emma

      

On the Road

      

Winnie-the-Pooh

      

Norwegian Wood

      

Middlesex

      

Cat's Cradle

      

A Farewell to Arms

      

Where the Sidewalk Ends

      

Robinson Crusoe

      

Atonement

      

Dune

      

East of Eden

      

Go Ask Alice

      

The Canterbury Tales

      

The World Without Us

      

The Old Man and the Sea

      

A Confederacy of Dunces

      

The Three Musketeers

      

The Foundation Trilogy

      

Something Wicked This Way Comes

      

Little Women

      

A Tale of Two Cities

      

The Trial

      

The Scarlet Letter

      

The Mists of Avalon

      

The Brothers Karamazov

      

Goodnight Moon, 60th Anniversary Edition

      

The Cat in the Hat

      

The Stranger

      

Uncle Tom's Cabin

      

The Good Earth

      

The Little House Collection

      

The Adventures of Tom Sawyer

      

The Time Machine

      

A Clockwork Orange

      

The Sun Also Rises

      

Moby Dick

      

Charlotte's Web

      

A Walk in the Woods: Rediscovering America on the Appalachian Trail

      

Invisible Man

      

The Metamorphosis

      

The Picture of Dorian Gray

      

Stranger in a Strange Land

      

Anna Karenina

      

Gone With The Wind

      

Crime and Punishment

      

Men Are from Mars, Women Are from Venus

      

Of Mice and Men

      

The Girls' Guide to Hunting and Fishing

      

Atlas Shrugged

      

The Hitchhiker's Guide to the Galaxy

      

Life of Pi

      

Lolita

      

One Flew Over the Cuckoo's Nest

      

Hamlet

      

Flowers for Algernon

      

Don Quixote

      

The Little Prince

      

Siddhartha

      

Green Eggs and Ham

      

Slaughterhouse-Five

      

One Hundred Years of Solitude

      

The Giver

      

The Color Purple

      

Les Misérables

      

Romeo and Juliet

      

The Poisonwood Bible

      

Wuthering Heights

      

Alice's Adventures in Wonderland and Through the Looking Glass

      

Jane Eyre

      

Ender's Game

      

1984

      

The Adventures of Huckleberry Finn

      

To Kill a Mockingbird

      

Fahrenheit 451

      

Animal Farm

      

Pride and Prejudice

      

Lord of the Flies

      

The Catcher in the Rye

      

The Great Gatsby

      

Harry Potter and the Chamber of Secrets

      

Harry Potter and the Half-Blood Prince

      

Harry Potter and the Order of the Phoenix

      

Harry Potter and the Goblet of Fire

      

Harry Potter and the Prisoner of Azkaban

      

Harry Potter and the Deathly Hallows

      

Harry Potter and the Sorcerer's Stone

      

My Sister's Keeper

      

Wicked: The Life and Times of the Wicked Witch of the West

      

The Curious Incident of the Dog in the Night-time

      

Dead Until Dark

      

The Thirteenth Tale

      

Loving Frank: A Novel

      

The Kite Runner

      

Outliers

      

The Time Traveler's Wife

      

City of Ashes

      

City of Bones

      

City of Glass

      

The Book Thief

      

Eclipse

      

New Moon

      

Breaking Dawn

      

Water for Elephants

      

The Host

      

The Girl with the Dragon Tattoo

      

The Door into Summer

      

The Count of Monte Cristo

      

Twilight

      

Rebecca

      

The Left Hand of Darkness

   

Yukari’s favorite books »
 
Share book reviews and ratings with Yukari, and even join a book club on Goodreads.
 

Plastic Logic社の電子書籍リーダーQUE、Bernes & Noble社から発売

Que
このところ何かと忙しい電子書籍リーダー分野です。
今度は以前お話した英国Plastic Logic社の電子書籍リーダー(ebook reader)QUEの発売が決まったというお知らせです。

米国ではBernes & Nobleから1月7日に発売されます。
「え?Bernes & Noble!だってNookを出したばかりじゃないの」という反応はごもっともです。QUEのサイズは8.5 x 11インチとKindleDXとほぼ同じ大きさ(QUEのほうがやや大きい)で、NookとQUEの関係はKindle 2とKindleDXのような位置づけになりそうです。また、Bernes & NobleにとってはB & Nのebookを売るデバイスが多ければ多いほど書籍の売り上げが増えます。

とはいえ、QUEにとってはBernes & NobleのNookが既に販売されているのは痛いと思います。特に発売日がクリスマス商戦を逃す1月上旬というのはBernes & Noble側からの圧力と見てほぼ間違いないでしょう。発売日の発表が、NookがBernes & Nobleの売り上げNo1になってから、というのもそれを憶測させます。

クリスマスは逃しますが、Bernes & Nobleからebook readerを買うことを考えている方なら、Nookを買わずにQUEが登場するまで待ち、比較してみることをおすすめします。なぜなら、QUEではビジネスや学問で使う個人ファイル(PDF, マイクロソフト・ワード、パワーポイント、エクセル)を読むことができ、インターアクトもでき、整理しやすいようなのです。Kindle 2やNookでもそれなりにできたものですが、それよりもっと個人ファイルを読みやすくするものです。プラスチックで軽い、というのも魅力のようです。

米国マーケット用Kindle3 登場の噂

このところ、国際版kindle2発売、Barnes & NobleのNook登場、と電子書籍リーダーのニュースが相次いでいます。「NookはKindleを打ち負かす存在にはならない。Amazonは常に競合の一歩先を考えている」という私の見解について先日書きましたが、今度はKindle 3発売が近いという噂です。

Kindle 3 発売の噂が単なる噂ではないと見るのがKindle Riviewというブログ。私もこの記事のように今年の11月に発売、というタイミングについては確信は抱いていませんが、近々発売されるという点ではほぼ確信を抱いています。

Kindle 3がどのようなものになるのか、についてはマル秘のようでなかなか情報が漏れてきません

4

Kindle Riviewの見解は以下のようなものです。

AmazonのKindle販売戦略

 — 国際版はKindle 2
 — 米国内では激しい競争に対応するためにKindle 3を発売せざるを得ない。競争がなくても、Kindle発売2周年記念として発売するつもりだったのだろう

Kindle 3の発売を促す競合

 — Nook とKindle 2の価値が同程度(ただし、14日間友人にebookを貸せるというNook独自のLend me機能を出版社がどんどん中止しているために、Nookの価値は下がっている)
 — Sony Reader Daily EditionにはLibrary Finderの機能とワイヤレスダウンロードの機能がある(注:以前はなかったので、コンピュータでebookをダウンロードし、それをリーダーに移すしかなかった。これでKindleに近い使いやすさになった)

ヴァンパイア時代のアン・ライスを期待すると失望すること確実の新作 ー Angel Time

Anne Rice
288ページ(ハードカバー)
Knopf
2009/10/27
宗教ファンタジー

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=1400043530
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=1400043530

最近ずっとアン・ライスなど読んでいないが、アン・ライスといえばヴァンパイアものを中心としたゴシックホラーやSMだと思う私はそう外れてはいないだろう。日本でそれ以外のアン・ライスを知る人はいないのではないだろうか。
そのつもりで新刊のARCを入手して読んだものだから、途中で「このアン・ライスは何者なのだ?」と混乱してしまった。バンパイアが出てこないだけでなく、パラノーマルな存在といえばこの作品のサブタイトル「The Songs of the Seraphim」に出てくるSeraphimだけなのだ。Seraphim(セラフィム)とは天使の位では最上位の熾天使のことで、もちろん善の存在である。

あらすじはこんな感じ。

汚職警官の父とアルコール中毒の母を持つToby O’Dareは、勉学の傍らlute(ルネッサンス期の弦楽器)を奏でて生活費を稼ぎ、幼い弟と妹の世話をしてきた。将来音楽家になる夢を観ていたTobyだが決定的な不幸に見舞われ、Lucky the Foxという名の殺し屋になる。

殺し屋のプロとしては成功したLuckyだが、心は荒んでゆくばかりだった。ときおり自殺を考慮する彼のもとにMalchiahという名のセラフィムが現れ、Tobyに彼の過去を見せてredemption(贖罪)の機会を与える。MalchiahがTobyを連れて行ったのは、ユダヤ教徒たちがキリスト教徒の住民にリンチされる緊張が高まっている13世紀の英国の町だった。Tobyは自分の命をかけてこの緊張を回避させる。

本当は美しい精神を持っているが不幸な生い立ちのために殺し屋になった美しい青年が神の使命を果たすことで贖罪されるというストーリーと、13世紀の悲恋が現代によみがえっているサブプロットには、まったくと言ってよいほど驚きがなかった。何よりも私を失望させたのは、Angel Timeがメロドラマのような宗教ストーリー以外の何ものでもない、ということである。 登場人物たちにも深みがなく、善と悪も二面的。Tobyの昔の守護天使は彼の不幸や殺しを見てめそめそ泣くだけだし、トビーも神の愛を感じては泣く。本全体が涙の洪水だ。読んでるこちらは感動するよりだんだんしらけてくる。

いったいアン・ライスに何が起こったのだろう?彼女も贖罪を求めているのだろうか?

驚いたのは、Amazon.comのレビューでこの本に簡単に感動してる人の多いことだ。そして、レビューで褒め言葉を書かないと猛烈に叩かれる。いったい彼らはこれまでどんな本読んできたのだろう?神の愛を描いている優れた作品は他にいくらでもあるだろうに。私は古い聖歌やオラトリオ、レクイエムといった宗教音楽がすごく好きなのだが、Angel Timeを読んでいるときにそれらを聴くときの恍惚感のようなものはまったく感じなかった。そこまで描ききれていないからだ。

これを傑作だと呼ぶ人はいるだろう(というより事実存在する)が、昔のアン・ライスのファンにはおすすめできない。これをおすすめできるのは、たぶん思春期のカトリックの少女だろう。クリーンな内容だし、神を愛を教えることができるし、ロマンチックといえばロマンチックだ。だが、「暗殺者ってかっこいい〜。私もなりたいな。その後贖罪すればいいんだし」と思う可能性もなきにしもあらず。

一カ所だけ私が気に入ったのはストラヴィンスキーのRite of Springが登場することだ。

余談だが、この作品では通常数ドル安いKindleバージョンがなぜか26セント高い。これではKindleバージョンは売れないだろう。それならばこのバージョンを作る意味がない。このマーケティングの意図はこの本の意図ほど不可解。

●読みやすさ ★★★★☆

★★★との中間くらいですが、簡潔でしかも短いので読了しやすいと思います。

●アダルト度 ★☆☆☆☆

殺人シーンが出てくるのと、若い未婚の女性が妊娠するというテーマがありますが、詳細はないし、性的描写に関しては小学生が読んでもさしつかえないほどクリーンです。

対象を間違ったとしか思えない夢分析の本ーThe Way of the Image

Yoram Kaufmann
96ページ(ハードカバー)
Zahav Books
2009/7/16
心理学(ユング派夢分析)

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=1935184008
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=1935184008

この出版社から夢分析をテーマにしたThe Way of the Imageを読んで欲しいと依頼されたとき、快く引き受けたのはこれが私の好きな分野だからです。ことに著者はニューヨーク市のユング研究所で25年以上教鞭を取っていたベテランだというのですから期待せずにはいられません。

冒頭の紹介文は、著者のKaufmann博士がイメージが持つ原型的意味を見るこれまでにないThe Orientational Approach to the Psyche(副題)という画期的な方法をこの本で教えてくれると約束します。我々のタスクは、イメージをinterpretではなくtranslateすることなのだそうです。
日本で育った人ならここで、「interpretとtranslateのどこが違うのだ?」と首をかしげるでしょう。通常私たちがこの2つの単語を使い分けるのは「通訳」と「翻訳」くらいだからです。「解釈」と翻訳する場合にはどちらにも差がありません。前後の文脈から「解釈」すると、前者の「解釈」には解釈する者のインプットがあり、後者はインプットがない直訳に近いもののようです。

いずれにせよ、これらの疑問は本文で明らかになる筈です。
著者のYoram Kaufmannが明確にinterpretとtranslateの差を示し、その後は事例を使いながらtranslateの方法を具体的に説明し、読者が自分で夢などのイメージをtranslateできるようにするに違いありません。
ですが、そんな私の期待は見事に外れてしまいました。
本文の内容は前文に多少の肉付けをした程度のものでしかなかったのです。
事例を使って夢を解釈する方法を教えてくれるのかと身を乗り出したところで、筆者は「分析者はここでどうのこうの…」と独白を始めてしまうのです。博識な老人相手の会話のように、「ときおり面白い話題が出てくるものの、最初に尋ねた質問への答えは最後までわからずじまい」、という感じの本でした。

もうひとつ気になって仕方なかったのは、同僚の学者を対象にしているような文体です。下記のAmazonのサイトの説明文を読む限りは夢分析の素人を対象にした本ですが、この本を読んで下記を達成する人はいないのではないかと思います。

“Everyone who is interested in knowing about themselves, about their dreams, about how therapy can and should work, and about the way the world of our psyche works, will find this fascinating book to be a guide for the rest of their life”

うまく筆者を誘導すれば面白い本ができたかもしれないのに残念です。

●読みやすさ ★☆☆☆☆

簡潔な表現にすればきちんと伝わることを、わざと回りくどい表現にするのは学者さんの悪い癖です。その悪い癖が顕著に出ている文章です。

Barnes & NobleのNookはKindleの最強の競合となるか?

電子書籍リーダーの分野ではこれまでKindleがほぼ独走してきましたが、Amazonのシェアを脅かす強力な競合の登場が予想されています。

その中でも、もっともAmazonが憂慮しているのは、今年のクリスマス前(11月末)に発売されるBarnes & NobleのNookでしょう。

3

CNET NewsBarnes & Nobleのサイトによると、Kindleと比較したNookの魅力は次の点に絞られるようです。

1)カラーのタッチスクリーン 

  本の表紙をカラーで見ることができるのはKindleにはない良さです。これはKindleオーナーとして認めざるを得ません。

2)AT&Tの3Gネットワークだけでなく、WiFiでつなげることができる。

  最初は「WiFiは書店内だけ」ということだったようですが、後に他でもできると訂正したようです。実際には発売されてみないとわかりません。

3)購入したEbookを14日間友人に貸すことができる。

Kindleと比較した欠点は次のようなものです

1)Kindleより1オンス重い

2)Kindleほどバッテリーが長持ちしない(Kindleは14日、Nookは10日)

3)Reed to me ( text-to-speech)機能がない。

 

さて、それではNookはKindleを打ち負かすのか、というと私の予想は「No」です。

まず、現時点で電子書籍リーダーに興味を持っている人はたいていすでにKindleを購入しています。Nookにはこれまで買いためた電子ブックを捨ててまで乗り換えたいほどの魅力はありません。従って、NookはKindleオーナーではなく、新たな電子書籍リーダーファンをターゲットにすることになります。

さてその新たなターゲットですが、Barnes and Nobleの書籍がAmazon.comに比べて高いことが難関になるでしょう。Stephenie MeyerのBreaking Dawnで比較してみましょう。Amazon.comのKindle book 価格は9.99ドルですが、Barnes and Nobleのebook価格は18.39とほぼ2倍です。電子書籍の値段にこれほど差がある場合、リーダーのKindle2とNookが同じ値段であることにさほど意味はありません。

また、Amazonという会社は常に競合の一歩先の未来を考えて行動しています。Nookの登場はずっと前から予想していたことでしょうし、その対応策は既に用意しているのではないかというのが私の推測です。

とはいえ、何が起こるかわからないのがこの世界。NookがKindleを脅かす可能性はおおいにあります。

その他の電子書籍リーダーのラインアップと比較表はTechnologizerがよくまとめていますので、そちらをご覧ください。

 

ホッキョクグマに恋してしまいそうな北欧の民話の現代版—Ice

Sarah Beth Durst
320ページ
Margaret K. McElderry
2009/10/6
ヤングアダルト(12歳以上)/民話の現代バージョン/ファンタジー


(さらに…)

アーヴィングのダイハードなファンのための新作ーLast Night in Twisted River

John Irving
576ページ
Random House
2009/10/27発売(来週火曜日)
文芸小説/現代小説

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=1400063841
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=1400063841

The World According to Garp (ガープの世界)で有名なアーヴィングの4年ぶりの新作。

1954年、ニューハンプシャーの木材伐採作業地にあるTwisted RiverでAngel Popeと名乗る新人の若者が事故で死ぬ。それは伐採集落の料理人 Dominic Baciagalupoの妻が事故で亡くなった川でもあった。このアクシデントが間接的にもうひとつの重大なアクシデントを招き、その結果Cookieというあだ名のDominicとその息子Dannyは逃亡者となる。
Dominicは自分の母と妻の家族が住むノース・ボストンに移り、そこでAngelの母と新しい生活を始めるが、彼の命を狙うTwisted Riverの警官に嗅ぎ付けられて、場所を移動する。父と息子は追っ手から逃れるために、ボストン、アイオワ、ヴァモント、トロント、と転々とする。幼いころから作家になることを夢見て育ったDominicの息子Dannyは、Danny Angelというペンネームで作家として成功するが、どこに逃れても運命に翻弄される。

この作品にも、おなじみのニューイングランド、熊、アクシデント、レスリング、アイオワ、そして若い男性と年上の女性との性関係、切り取られた身体部分、などが登場する。また、作家のDanny Angelがアーヴィングと同じ私立高校で学び、ヴォネガットに指導を受け、自伝的な要素のある小説を書く、というのもアーヴィングらしい。

アーヴィングの面白さ(少なくとも私にとって)は、過剰とも言えるディテールにある。金曜日には肉を食べないカトリックのフレンチカナディアンと彼らとは相容れない英語圏の木材伐採労働者のためにDominicが別々に作る料理、スクエアダンスのムーブメントDo-si-do(Dannyはこれに別の意味もつけている)、イタリア系移民が多いノースボストンに住む孤独なアイルランド系の教師の妄想、ピザに加える蜂蜜の秘訣、など、面白い部分は山ほどあるのだが、途中でだんだんアーヴィンの口調が鼻につき始めてきた。

突拍子のないキャラクターは「ガープの世界」では楽しませていただいたが、Last Night in Twisted Riverではありきたりで滑稽にさえ感じるのである。特に女性の登場人物がひどい。小柄で青い目のとても美しい女性か、男性よりも長身で逞しいか、300ポンド(136kg)もある巨大な女しか出てこない。それも皆そろって男性を誘惑し、襲い、ぽいと捨てられても平気だ。日本人が読むと米国にはこんな女たちしかいないと勘違いされそうだが、アイオワでDannyたちが関わるアジア系の女たちを読めばそうではないことがわかるだろう。中国、韓国、日本人と出てくるのだが、誰もそれらしくない。アジアの女性とちゃんとつき合ったことがないのが原因なのか、単なる女嫌いなのか、そこのところはよくわからない。女性の登場人物に限って言えば、米国の田舎を突っ切るハイウエイに並んだファーストフードの看板を読んでいるのをさほど変わらない。
ベトナム戦争や同時テロ、2000年と2004年の大統領選挙についても書いているが、(私と彼の政治的立場は似ているものの)文学的な表現としては失敗していると思った。

「良い作家というものは距離を置くべきである」というのがアーヴィングの持論のようである。だが小説の中でそれを説教されるこっちはたまったものではない。そのくせさほど距離を置いているようにも感じない。「そんなに優れた作家であるならば、私の鼻につかない方法でそれを実現してください」とお願いしたくなった。

1999年にカナダのテレビ番組でアーヴィングは A Man in Fullを出版したばかりのトム・ウルフのことを"I can’t read him because he’s such a bad writer,"と酷評したらしいが、当時A Man in Fullを読んだ者として言わせていただければ、A Man in FullのほうがLast Night in Twisted Riverよりもずっと面白かった。少なくともウルフは毎回異なるテーマにチャレンジするし、小説の中にエゴを出さない。そういう意味ではアーヴィングよりもよほど距離を置いている。また、簡潔なウルフの文章のほうが、括弧つきでいちいち説明する癖のあるアーヴィングよりも潔さを感じる。だが、もちろん、私はアーヴィングが軽蔑する類いのブンガクを知らない読者にすぎないのであろう。

Last Night in Twisted Riverは、ダイハードなアーヴィングファンであれば「これぞアーヴィング!」と歓迎する作品である。だが、そうでない人の反応はまったく予想できない。私と異なる読み方をする人は必ずいるはずだから「自分で読んで結論を出してください」というのが、私からの正直なアドバイスである。

●読みやすさ ★☆☆☆☆

文章が難解だというわけではありません。
話があちこちに飛ぶのと、長いことが難点です。
そして中盤で流れが滞るのも問題です。それを越すと、ストーリー展開が早くなってまた読みやすくなります。

●アダルト度 ★★★★☆

アーヴィングですからセックスの話は沢山出てきます。全部ドライといえばドライですが。

Wiley社のソーシャルメディア入門シリーズ本日スタート

For Dummiesシリーズで有名なWILEY社が、最近注目のソーシャルメディアの入門シリーズを開始しました。その名もThe New Rules of Social Mediaシリーズです。

そのシリーズ第1冊目がこれ、Inbound Marketingです

presentご希望者の中から抽選でお2人様にプレゼント。ご希望の方はコメント欄にお名前をどうぞ。

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0470499311
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0470499311

Inbound Marketingはネットでの集客を狙う初心者向けのマーケティング指南書です。既にTwitterを使っている人にとっては想像しにくいことでしょうが、インターネットそのものに慣れていない人にとってGoogleとかTwitterは外国語以上に不可解なもののようです。ネットの海原ですいすい泳いでいる人々を見て「今さら自分がここに入り込むのは無理だ」と臆病になってしまうようですね。このInbound Marketingは、そんな人々が対象です。どのようにしてインターネットの世界で自社や自分の売りたいものを見つけていただくのか、そういったことをひとつひとつ説明しています。

Twitter_in_real_life_2

下記はセス・ゴディンとガイ・カワサキの推薦文です。

"If you’ve been looking for a trustworthy primer on getting found
online, here’s a great place to start. Buy one for your clueless
colleague too."
      —Seth Godin, author of Meatball Sundae      

"If
you have more money than brains, you should focus on outbound
marketing. If you have more brains than money, you should focus on
inbound marketing by reading this book."
      —Guy Kawasaki, cofounder of Alltop, and author of Reality Check
   

そしてこれは思わず笑ったSteve Garfield のビデオレビュー 

[blip.tv http://blip.tv/play/gqswgajjCgI%2Em4v%5D

The New Rules of Social Mediaシリーズは、The New Rules of …とあるように元になっているのがBusiness WeekベストセラーのThe New Rules of Marketing and PRです。これまでに本ブログをお読みになっている方はご存知だと思いますが、著者のDavid Meerman Scottは私の夫です。彼のブログはこちら

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0470379286
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0470379286